口臭予防にミントが手放せません

私は最近、部分入れ歯にすることになって、口の中が以前のようではなくなってしまったのです。

 

 

部分入れ歯にする前は、あまり自分の口臭を気にすることはなく、逆に友達のキムチの口臭が気になって指摘したりしていたのですが、最近はとても口臭が気になって仕方がありません。

 

 

特に眠っている間、部分入れ歯は外しているのですが、自分の口臭が気になって、目が覚めたりします。

 

 

そういう時は眠くても一応起きて行って、洗面所に行き、マウスウォッシュで口をすすいでからまた眠るようにしています。

 

 

部分入れ歯は水につけて保管しているのですが、装着前には洗浄タブレットを使って殺菌するようにしています。

 

 

そうすることで、部分入れ歯についた雑菌が消えて、口臭のもとになるものがなくなるので、口の中がさっぱりします。

 

 

それで、友達と一緒にレストランでランチなどを食べてから、食後に紅茶を飲むと、口臭が気になるのです。

 

 

コーヒーだとそれほど気にならないのですが、紅茶はすごく気になります。

 

 

それで、いつもミントを持参していて、タブレットを口に入れてさっぱりさせるようにしています。

 

 

私の知り合いの男性は顔はいいのですが、口臭が強くて、自分では気づいていないようで、話をしていたら我慢ができなくなって、まずは自分がミントを食べて、それからさりげなくミントをすすめてみたのです。

 

 

すると食べてくれたので、しばらくは口臭がなくなってほっとしました。

 

 

時間をおいて、またミントをすすめたりしましたが、本人はなぜミントをすすめられているのか、わかっていなかったようです。

 

 

そういうわけで、ミントは欠かさず持ち歩いていて、特に人に会う前にはミントは絶対、食べておかなければ安心できません。

 

 

自分の口臭はなかなか自分では気づきにくいものなので、いつどこで、他の人に不快な思いをさせているのかわかりませんから、朝晩の歯磨きだけでなく、マウスウォッシュを使ったり、ミントを食べたりして、口臭予防に努めています。

 

 

友達が朝、キムチで朝食を取ってきた時には、はっきりとキムチの匂いがするよと言いましたが、本人は言われるまで全く気づかなかったというのですから、やっぱり自分の口臭は自分ではなかなかわかりにくいものなのでしょう。

 

 

私は部分入れ歯なので、ガムを噛むことができないので、その代わりにミントを食べて口臭予防にしています。

 

 

いろいろなフレーバーがありますが、スペアミントのミントが一番さっぱりします。